底辺ブログ

節約と投資(株式)でセミリタイア目指すっていう内容になるかと

業務スーパー 吉備高原どり若鶏きも1kg398円(税抜)

スポンサーリンク

業務スーパー 吉備高原どり若鶏きも1kg398円(税抜)

 

 

目次

 

商品説明

 

加工者 グリーンポートリー(岡山県)

原産地 岡山県

 

 

この商品は以前からあったのかな? 見逃していました。

1kgで400円しない冷凍鶏きも(レバー、ハツ)です。

 

発売されたと思ったらスッと消えてしまった冷蔵品の鶏肝煮を以前紹介しました。

業務スーパー 鶏肝煮(レバー、ハツ)1kg555円(税抜) - 底辺ブログ

 

鶏肝がまた買えるのでレバー好きのわたしにとってうれしい限りです。

今回の鶏肝は冷凍品ですので急いで食べなくても大丈夫そうですし。

 

 

 

f:id:teihenkabu:20161211134226j:plain

「ヒナの育成、エサのひとつから食肉加工にいたるまで、一貫して管理し、安全安心の国産鶏をご提供いたします。」と書かれています。

 

 

 

f:id:teihenkabu:20161211134224j:plain

「鶏では日本初! 薄い氷の膜をつけることで乾燥を防ぎ、風味やうま味、弾力性などを保つ加工を施してあります。」と書いてあります。

 

数年前にTV番組ガイアの夜明けかなにかでカキにそういう処理をしているというのを見ましたがこの商品にもされてるんですね、氷膜凍結。

 

 

f:id:teihenkabu:20161211134231j:plain

「冷凍品でありながら解凍時のドリップ流出(うま味流出)を最小限にとどめました。」とも書かれています。

 

冷凍品も日々進化してるんですね。

 

 

f:id:teihenkabu:20161211134240j:plain

袋からゴロンと2つほど出しました。

レバー2つにハツ(心臓)1つで1セット(1羽分)の塊になっています。

以前紹介した肝煮と同じ形態。

 

 

電子レンジ調理

 

f:id:teihenkabu:20161211134252j:plain

業務スーパーの骨付きもも肉、冷凍たまねぎと一緒に電子レンジ調理します。

味付けはしょうゆと砂糖とみりん。

 

 

f:id:teihenkabu:20161211134302j:plain

完成。途中でふと思いたち業務スーパーのハーブウィンナーも追加しました。

 

 

 

f:id:teihenkabu:20161211134309j:plain

レバーを引っ張り出しますとこんな感じ。

玉ねぎにも味が染みていておいしそう。

 

 

f:id:teihenkabu:20161211134313j:plain

ご飯にのせて3つつながっているのをバラします。相変わらずハツ(心臓)が生々しいのでちょっと苦手。

 

 

実食

 

 

レバーいただきます。 うん、おいしい。

 

普通にレバーの味、ハツもおいしい。

 

冷凍のレバーってどんなんでしたっけ?

冷凍品だからってあまりパサつくレバーって食べたことないんですよね。

 

これも十分プリプリしていて以前紹介した冷蔵品のものと違いが感じられません。

 

 

まとめ

 

日本では初の氷膜凍結しているだけはあってうま味が閉じ込めらている。(気がする)

冷凍品なのでストックしておいてもいい。(氷膜が溶けない限り冷凍やけなどしなくていつまでも美味しく食べられるはず。)

 

以前紹介した鶏肝煮のように味はついてないので自分で味付けする必要がある。

 

1kg400円しない鶏肝ってめちゃ安いのでオススメ、国産ですし。

 

レバーが食べたくなったらリピート買いします。

 

 

そんなとこですね。