読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

底辺ブログ

節約と投資(株式)でセミリタイア目指すっていう内容になるかと

年間配当金と今までの損益を公開

投資
スポンサーリンク

 

f:id:teihenkabu:20160710102025j:plain

 (お絵かき投稿をテスト、ちょうどTVに出ていた松ちゃんをなんとなく書いてみました。特に意味はありません・・・。)

 

 

 

 

目次

 

  1. 年間配当金いくらもらえるか計算

  2. 下げ相場でのわたしの考え方
  3. 今年はマイナスだけど投資来でみてみると
  4. まとめ

 

 

 

  1. 年間配当金いくらもらえるか計算

 

各企業から届く配当金のお知らせもだいたい自宅に届ききったので金額を合計してみました。

 

3月末が決算の企業が6〜7割なのでここ1か月ぐらいに書類関係が集中するんですよね。

 

去年は30数銘柄でしたが今年は40数銘柄に増えてます。

手ごろな銘柄をいくつか買い増していたので。

 

 それで株の評価額は800数十万円。

 

ちなみにそれ以外の投資信託(インデックスファンド)は260万円ほど。

地味に積立投資してます。

 

 

去年の年間配当金は17万円ほどでしたが今年は20万円以上になる予定。

非課税口座のNISA口座に120万円分移したのと買い増したぶんの影響が大きい。

何気に増配した銘柄もあるのでその影響もありますが。

 

配当金のお知らせは今年わたしの郵便ポストに届いた分ですから去年の10月に確定したものなども入っています。

 

証券会社のサイトに行けば配当金一覧も出てきますが、他の株取引と一緒に表示されるので見づらいんですよ。

 

それで今年届いた配当金のお知らせを合計した金額は11万円ほど。

そこから20%税金引かれるとしておおざっぱに8万8000円ほどが口座に入る分。

非課税口座のNISA口座に半分ほどあるのでおおざっぱに税金は20%の半分の10%かかるとして

9万9000円ほど。

 

わたしはほとんど年2回配当金が出る企業を保有してるので3月末の半年後の9月末に同じくらいドカッと配当金が確定します。

 

9万9000円の倍で約20万円。

3月末以降に買い増した銘柄もあるのでやっぱり今年は20万円ちょっと超えるぐらいですね。

 

毎年暇なときにネットで公表されている1銘柄ごとの配当金を手動で足して計算するんですけど郵送で届く配当金のお知らせをもとに計算もして大きい計算間違いしてないかチェックします。

 

まあ、見ての通りざっくりのチェックですがね。

 

 

 

 

  2.下げ相場でのわたしの考え方

 

毎年20万円入ってくれば5年で100万円ですからね。

株の評価額が現在800万円ですけど仮に700万円に下がったとしても5年保有してればトントンです。

 

わたしは優待銘柄も20社ほど保有して年間6万円分ぐらい何かと頂けてるのでトントンどころかプラスです。

 

 

 

   3.今年はマイナスだけど投資来でみてみると

 

 

それでこの下げ相場で去年に比べ実際100万円以上含み益が減りました。

 

こういう場合は去年と比べるのではなくて投資来でみてみます。

 

2013年以来2016年初めまでに確定益、含み益、配当金合わせてプラス350万円。

年間100万円ちょっとは順調に増えていったんですね。

 

今年2016年初めから7月までマイナス130万円ほど。

(あらためて数字にするとやっぱきついですね・・・。)

 

とはいえ投資来は350万-130万円でプラス220万円です。

毎年優待品ももらっているしホントはもっとプラス。

 

あと今年の配当金20万はまだ足してません。

 

 

 

  4. まとめ

 

 

株を800万円分持っているわたしの年間配当金は20万円ちょっと。

 

今年はマイナス130万円ほどだけど投資来(2013年から)で見るとまだプラス220万円。

 

もし投資来マイナスになっても年間20万円入ってくれば5年以上の長期保有でたいがいは穴埋めできるんではないかと。

 

 

株やってる人、これからやる人の何かの参考になればと。